【NZ旅を発信せよ!Vol.2】ニュージーランド航空B787-9の魅力と機内食

【NZ旅を発信せよ!Vol.2】ニュージーランド航空B787-9の魅力と機内食

【NZ旅を発信せよ!Vol.1】成田発ニュージーランド航空B787-9で行く空の旅では、9インチで楽しむことができる、タッチパネル使用の機内エンターテイメントをご紹介しました。

照明の変化とともにはじまるディナータイム

離陸して1時間半、あっという間に夕食の時間になりました。
室内は離陸の際にブルーになっていたのですが、食事の時間は赤色の照明に変化しました。
ちなみに、赤色は色彩心理学でいうと「食欲が湧く色」になります。さすが!!
AirNZ13帰国の際に気づいたのは、オールブラックス使用の機材の場合だけ男性が多いのでは…?と。
復路便のNZ99では、女性の客室乗務員の方ばかりでした♡
イケメンすぎる客室乗務員の皆様が多くてビックリ…!!
AirNZ12皆様、身長が高いのが印象的でした…
頭上の荷物置きに荷物を入れる時には、ぜひお願いしたいな〜と。思ったのは私だけではないはず…
AirNZ15特にみんなのハートを掴んだのが、こちらのお兄さんでした。チャーミングな笑顔と、気さくな雰囲気。
空の旅では、さりげないコミュニケーションの心地よさって、とても敏感になりますよね。

AirNZ14お食事はビーフ(洋食)をチョイス致しました♡
サラダは中華風で食べやすく、お肉は牛煮込み。どれも食べやすく、美味しかったです。もちろん残さず全部いただきました。デザートのチーズケーキも完食!AirNZ16特に!!今回の旅で、私の心を奪ったのが『ニュージーランド産バター』
この後どれだけバターにハマるのか、この時の私は知らなかったのですが… それくらい、バターが美味しかったのです♡

AirNZ07ラグビーの試合を観ながら食べましたよー♡
B787-9型は気圧の調整もしっかりしているのが特徴のひとつ。
そのため、地上で食べるものと変わらず美味しく頂けるとのこと。

気圧によって、味覚に変化が生じることに驚きましたが、ワインを美味しく頂けるのは、新型機材ならではの楽しみかもしれません。

食事の後は、おやすみタイム…

食事を終えた後、おやすみの時間になりました。
「あっ!歯ブラシ持ってくるの忘れた!」という方も、安心してください。
AirNZ09

タッチパネルの中にある、フード&ドリンクとは別に、アメニティも無料で頂けます。
歯ブラシだけでなく、耳栓、アイマスクもあるので、必要な時にはタッチパネルで頼んでみてくださいね。
AIrNZ06寝るのもよし!たくさんある映画を楽しみのもよし!ゆっくりした時間を楽しむことができそうです。
AirNZ 就寝中

就寝の照明は、オレンジがかったダウンライト。
あたたかい照明が穏やかな眠りへと誘ってくれます。私もゆっくり足を伸ばして、やすみました…。

AirNZ08

ちなみに、エコノミークラスのお手洗いは真ん中に3つあります。
1つは、本棚をモチーフにしたお洒落なトイレでした。
もうひとつは、空をイメージしたトイレも素敵でした♡
最後のひとつは、ぜひ乗った時にお楽しみください^^♪

心地よい朝を迎えました、NZまであと少し!

AirNZ起床

薄いピンク色で朝がはじまりました。
遠くの窓から、太陽の光がかすかに見えます。
今回は通路側でしたが、調光機能とUVカットがある窓なので、紫外線を気にせず、外の景色を楽しめるそうです。
AirNZ19
モーニングは洋食を頂きました。
チーズオムレツは温かく、フルーツは冷たく頂くことが出来ました。
朝食も美味しく、もっと食べたい!と思いました。
AIrNZ 着陸前最終着陸態勢です。
明るい機内は心地よく、到着までの時間にワクワクしていました。
ここで機長からのアナウンス。
こんなにクリアなアナウンスはじめて!
っていうくらい透き通った声を聞きました。これもB787の魅力!?
AirNZ22無事にオークランドに到着♡
快適すぎるフライト。寝て起きたら、ニュージーランドに到着していました。
機内食も美味しいし、座席も快適。お兄さん達イケメンでした。

ニュージーランド航空の魅力はこちらから

NZA

今回乗ったB787-9型ドリームライナーのページはこちら♡
素敵な動画も観れるのでぜひ、ご覧くださいませ。

日本からニュージーランドまでの直行便は、成田国際空港からオークランド国際空港まで約11時間のフライト。
月曜日〜日曜日まで毎日就航しています。
そして、そのすべてがB787-9型機なので快適な空の旅を過ごすことが出来ます。

機内食疲れ知らずでニュージーランドへ♡
その日からニュージーランドを思う存分楽しめるのでオススメです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)